訪問介護×IT×補助金で生産性アップ!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■訪問介護の悪循環:手書き書類が多い→入力業務目的の残業が多い→介護そのものに集中できない

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

訪問介護はサービスの提供時間が細分化されたり、書類が多いことによる業務過多が問題です。

一方現場でも、本質業務である「介護」にかけられる時間が短くなるという声も聞こえています。

しかしITに不慣れな人が多いため、別の人が手書きしたものをパソコンに入力するという二度手間を

黙々とこなし、疲弊し、辞めてしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

ただでさえ介護を求める人は増え続け、介護できる人は少なくなる日本で

労働力の流出は、まったなしで解決したい問題です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■「ITは苦手」と思い込んでいる人ほど、一度馴染んだらすぐに使えるのがIT

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そうした事態を避けるために、段階的にITを導入し

従業員の労働力を本質業務の介護に使うための業務改善に注目が集まっています。

「うちは高齢のヘルパーさんが多いからIT導入は無理」と思い込んでいる事業所でも

「お孫さんと写真のやり取りができるようにもなるよ」なんて動機付けを行うと

意外に早く習得されたりします。

実際にやさしい手の介護事業所でも、最初は抵抗があった人でも

半年もすれば「これがなかった時には戻れない」というくらい使いこなせている人ばかり。

ヒトの適応力ってホントすごいなあと感心してしまいます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■7月25日(木)16:00~事例紹介とIT補助金のセミナーを開催@大阪駅前第2ビル

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

実際にITを活用してどのような変化があったのか、生産性はどの程度上がったのか

具体的な事例を基に、成功のコツをお伝えするセミナーを開催します。

日時:2019年7月25日(木)16:00~18:00

場所:イオンコンパス大阪駅前第2ビル15階ルームC

※15:45受付開始 

申込先:sv@yasashiite.com

法人名、住所、氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレスをお書きの上

上記アドレスかFAX03-5433-5537までお申込み下さい。

190725_セミナーチラシ(佐々木様)完成.pdf

著者プロフィール

著者アイコン
池田奈帆美
ミュージカルと歴史と旅をこよなく愛する水瓶座。通訳ナシでブロードウェイを観たいという動機で外大に進学。卒業と同時に編集者としてメディア作成に従事していたが、懇意にしていた企業の倒産を機に中小企業診断士の勉強を開始。7年かけて学んだ経営の知識を活かし、現在は関西の医療法人・社会福祉法人のコンサルティングを担当。

関連記事